糖尿病の治療

糖尿病の治療

  糖尿病の治療に関するニュースをまとめて掲載しています。


日立が、電子カルテデータの解析で、糖尿病治療薬の効果を予測・比較

2017-11-07

日立製作所は、糖尿病患者の電子カルテデータを解析することで、糖尿病治療薬の効果を予測し、比較する技術を開発しました。この技術により、患者の特徴や状態に合わせた最適な薬の選択・判断ができることが期待されます。

ニュース元:日立、電子カルテデータの解析により、糖尿病治療薬の効果を予測・比較する技術を開発、患者に合わせた最適な治療薬の選定を支援



糖尿病、厳しい治療で合併症減少 脳卒中58%抑制

2017-10-25

2型糖尿病の治療目標を現行の診療指針より厳しくすると、心筋梗塞や脳卒中などの合併症を抑えられることが臨床試験で明らかになりました。
例えば、血圧について現行の指針130.80ミリHg未満を120.75ミリHg未満にするなどした場合、合併症や死亡が24%、脳卒中については58%抑制され、明らかな効果が見られました。
19年に予定されている、糖尿病の診療指針の改定に影響を与える可能性があります。

ニュース元:糖尿病、厳しい治療で合併症減少 脳卒中58%抑制



2型糖尿病リスクを指摘されても、再検査未受診は4割超。

2017-10-24

2型糖尿病の発症や進行リスクを指摘されても、43.2%の人が再検査を受けていなことが、製薬会社MSDの調査でわかりました。未受診でも「何も言われないから」というのが理由のトップで、糖尿病のリスクを指摘されても、リスクに対する意識が低い実態が明らかになりました。
早期の対応で健康な人と変わらない生活を送ることもできる糖尿病、早期の対応が大切ですね。

ニュース元:糖尿病4割超が再検査未受診、発症・進行リスクを指摘されても MSD調査



味の素が、がん・糖尿病・生活習慣病リスクを採血1回で検査する「AIRS」発売

2017-10-13

味の素が、がんの可能性と生活習慣病発病リスク、糖尿病発症リスク等を1回の採血で評価する「アミノインデックス リスクスクリーニング(AIRS)」を11月より全国で発売開始します。
 今回のAIRSは、すでに人間ドックなどで全国約1,300の医療施設に採用されているAICSに、4年以内の糖尿病発症リスクと血液中の必須・準必須アミノ酸濃度に基づく栄養状態の評価などを行う「アミノインデックス 生活習慣病リスクスクリーニング(AILS)」を追加したもので、血液中のアミノ酸濃度バランスを基にした、健康状態や病気の可能性を解明する技術が活用されています。
 糖尿病の予防や早期発見につながることが期待できそうですね。

味の素プレスリリース記事:「アミノインデックス® リスクスクリーニング(AIRS)」新発売
ニュース元:味の素、がん・糖尿病・生活習慣病リスクを採血1回で検査する「AIRS」発売



カイコから血糖値を低下させる化合物が同定される。

2017-09-28

群馬大学と農業・食品産業技術総合研究機構の共同研究グループは、遺伝子改変カイコを用いて、血糖値を低下させる活性を持つ化合物を同定しました。
同大学はこれまでにも遺伝子改変カイコを用いて新規鎮痛薬候補化合物を発見しており、今後もこうした手法による新規治療薬候補化合物の発見が期待されます。

ニュース元:群馬大学ら、カイコを使って血糖値を下げる新しい化合物を同定



AIで糖尿病の合併症の発症を予測

2017-09-21

医療への応用が進むAI技術。この度、藤田保健衛生大学などの研究グループがAIを使って、糖尿病の患者が半年後までに、より症状が重くなる合併症を発症する可能性があるか予測するシステムを開発しました。予測の確実性は71%というデータもあり、今後の実用化が期待できますね。

ニュース元:AIで糖尿病の合併症の発症を予測



糖尿病の疑い強い人は推計1000万人

2017-09-21

厚生労働省の調査によると、20歳以上の男女のうち、糖尿病が強く疑われる人は、男性で16.3%、女性で9.3%、推計で男女合わせておよそ1000万人に上ることがわかりました。平成9年の調査開始以来初めて1000万人に達したことになります。
また、糖尿病予備群もおよそ1000万人と推計されており、生活や運動の習慣を見直す重要性が改めて示唆されました。

ニュース元:糖尿病の疑い強い人は推計1000万人 厚労省調査



国内初の糖尿病治療薬の「配合剤」発売

2017-09-20

今月7日、新たな糖尿病治療薬として、インスリン分泌低下に対応するDPP―4阻害薬と、肥満によるインスリン抵抗性に対応するSGLT2阻害薬の配合剤が発売されました。糖尿病治療の配合剤が発売されるのは、国内初となります。
他に複数の薬を服用している高齢者の方などにとって、薬の管理がしやすくなるなどのメリットが期待できますね。

ニュース元:国内初の発売 注目の「配合剤」で糖尿病治療はどう変わる



第5回 糖尿病川柳 入賞作品発表!

2017-09-20

サンスターが開催した「第5回 糖尿病川柳 ~糖尿病とつきあう生活あるある~」
過去最高となる約530件の応募作品の中から秀賞5作品、入賞10作品が選ばれました。
思わずうなずいてしまう作品もありますね。

ニュース元:第5回 糖尿病川柳 入賞作品発表!
糖尿病川柳詳細:第5回 糖尿病川柳~糖尿病とつきあう生活あるある~特集 ページ



糖質摂取量は減少するも、糖尿病患者は増加

2017-09-13

日本人の炭水化物の摂取量は2002年で1日平均271.2グラムでしたが、2014年に255.8グラムまで減少しました。一方、糖尿病患者同時期に228万人から317万人まで増加したというデータがあります。糖質制限が糖尿病の原因となっている可能性があるという医師からの指摘があります。

ニュース元:糖質制限ブームや健康意識の高まりで、日本人の糖質摂取量が減少も、糖尿病患者は増加



« Older Entries
Copyright(c) 2016 糖尿病情報.jp All Rights Reserved. Design by Cloud template