糖尿病関連イベント

保土ケ谷中央病院で講座 「糖尿病治療」のいろは

2018-03-01

釜台町の「横浜保土ケ谷中央病院」で3月22日(木)、23日(金)の2日間、「糖尿病」のいろはが学べる講座が開かれる。
両日とも午後0時30分からで、医師、看護師、栄養士、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士らから成る「糖尿病チーム」のスタッフが登壇。
22日は「糖尿病のコレステロール・中性脂肪の異常と治療」「筋力トレーニングと有酸素運動」「糖尿病の急性合併症」、
23日は「糖尿病のお薬の疑問」「自分で血糖を測定してみよう」「低糖質の間食」に関してレクチャーする。
参加費は1日500円。当日参加可。
問合せは患者サポートセンター【電話】045・331・1559へ。

糖尿病教室
2018年3月22日〜2018年3月23日
12:30開始 〜
神奈川県横浜市保土ケ谷区釜台町
費用:500円
問い合わせ先:保土ケ谷中央病院
TEL:0453311251

ソース元:タウンニュース
横浜保土ヶ谷中央病院HP

『1型糖尿病を持つ女性の結婚・妊娠・出産 ~不安や悩みを語りつくそう!~』

2018-02-26

第12回 2018 糖尿病を持つ女性・家族と看護職者のためのセミナー in神奈川
『1型糖尿病を持つ女性の結婚・妊娠・出産 ~不安や悩みを語りつくそう!~』

糖尿病女性がリプロダクティブヘルスに関わる支援を何処ででも受けられる基盤形成を目指し、
糖尿病女性のリプロダクティブヘルスに関わる双方向性のある支援ネットワークシステムの構築を最終目的としています。
今回は、1型糖尿病女性・家族と看護職者が糖尿病女性の結婚から妊娠・出産について意見交換を行い、
相互に置かれている状況を理解し、糖尿病女性の性と妊娠・出産がより良くあるためには、どうしたらよいか共に考え、
1型糖尿病女性と看護職者の双方向性のある支援システムの構築に繋げます。

■日時:2018年3月3日(土)13:00~17:30(受付12:30~)
■場所:かながわ労働プラザBホール(神奈川県横浜市中区寿町1-4)
■費用:糖尿病と女性のライフサポート研究会会員  2,500円
糖尿病と女性のライフサポート研究会非会員 3,000円

■参加対象
1型糖尿病を持つ女性もしくはその家族・パートナー 30名
看護職者、その他の医療従事者           30名

■申込方法
FAXまたはE-mailで申込書をお送りください

■お問い合わせ
北里大学病院 糖尿病看護認定看護師 坂本梅子
FAX:042-778-8385 / メール:u.sakamto@kitasato-u.ac.jp

【プログラム】
13:00~13:05 
ご挨拶・オリエンテーション
北里大学病院 糖尿病看護認定看護師 坂本梅子

13:05~13:50 
講演 「いち活!! ~ライフステージによる1型糖尿病との付き合い方~」
演者:北里大学医学部 内分泌代謝内科学 林哲範先生
座長:北里大学病院 坂本梅子

13:50~14:35 
講演 「1型糖尿病を持つ女性が不安なく妊娠を迎えるために」
演者:久留米大学医学部看護学科 母性看護学 田中佳代先生
座長:成田赤十字病院 青木美智子

14:35~14:45 休憩

14:45~15:35 
座談会「1型糖尿病を持つ女性の不安・・仕事・結婚から妊娠・出産の経験を語ろう!」
演者:出産経験のある1型糖尿病女性    2名
   発症して間もない1型糖尿病女性   1名

15:35~15:45 休憩

15:45~16:45 
グループディスカッション
『共に語ろう 1型糖尿病を持つ女性の結婚から妊娠・出産のこと』
総合司会:坂本梅子

ファシリテーター:
多摩北部医療センター               町田景子
公立昭和病院                   松本麻里
日本赤十字社医療センター             今野康子
東邦大学医学部付属大森病院            伊藤美和
東海大学医学部付属東京病院            高松千織
日本大学病院                   井口愛子
成田赤十字病院                  青木美智子
アドバイザー:
  久留米大学医学部看護学科 母性看護学 准教授 田中佳代

16:45~17:10 グループ発表 ~懇談の内容の発表~ (各G3~4分程度)

17:10~17:25 まとめ (総合司会)

17:25~17:30 閉会挨拶 小田原市立病院 尾上和子

詳細:糖尿病と女性のライフサポートネットワーク

「睡眠と生活習慣病〜糖尿病、血糖値との関係性〜」3月8日(木)

2018-02-23

講演会「睡眠と生活習慣病〜糖尿病、血糖値との関係性〜」

■日時:3月8日(木) 午後2時~4時(受付1時30分)
■場所:藤沢市保健所3階
■費用:無料

糖尿病を中心とした生活習慣病と睡眠との関係や、良質な睡眠をとるためのポイントについて講演する。
講師は、大船睡眠・糖尿病内科院長の高橋正典さん。
対象は、市内在住・在勤・在学の80人(事前予約制)。

参加希望者は、保健所健康増進課へ電話、または来所で申し込みを。
保育あり(先着10人、3月2日(金)までの事前予約制)。

問い合わせ TEL:0466-50-8430

ソース元:タウンニュース

糖尿病に関する講座開催ー大和市ー

2018-02-02

大和市医師会在宅医療・介護連携支援センターは2月18日(日)、文化創造拠点シリウス6階の生涯学習センターで「やまと健康講座」を開催する。午前10時30分から11時30分。

 講座の内容は「元気なうちから知っておこう、糖尿病と糖尿病の合併症について」。講師は糖尿病専門医で田中内科クリニック院長の田中啓司氏。

 参加希望者は2月14日(水)までに同センターまで電話で申込みのこと。先着順で定員は45人。なお定員になり次第締め切りとなる。

 申込・問合せは同センター【電話】046・200・6556(平日の午前9時から午後5時)。

ニュース元:タウンニュース

インスリンポンプの安全講習会

2018-01-29

SAP療法を行っている患者・家族のみなさん向けに、日本メドトロニック株式会社の方を講師としてお招きし、安全講習会を開催いたします。
各回にはアドバイザーとしてインスリンポンプに精通した専門医の先生にもご参加いただきます。
みなさんがより快適な生活と血糖コントロールができるように、使用時の注意点やコツなどをお伝えします。

【参加対象】SAP療法を行っている患者・家族

 ※ ミニメド620Gインスリンポンプをご利用中の方でも、SAP療法をされていない方はご参加いただけませんのでご了承ください。
  ※ SAP療法(パーソナルCGM機能を搭載したインスリンポンプ療法)については下記リンク先をご参照ください。
  日本メドトロニック株式会社 SAP療法とは
  http://www.medtronic-dm.jp/what-is-sap/#cgm

■安全講習会 内容
 - パーソナルCGMについて(CGMの原理、較正のタイミングなど)
 - インスリンポンプについて(注入セット交換、交換頻度、便利な機能の活用など)
 - トラブル時の対応について(アラート、履歴、トラブルシューティングなど)
 - グルコースアラート設定について(各グルコースアラート設定、設定の注意点)
 - グループワーク(日頃の疑問点についての共有など、ユーザー同士の相互意見交換)

■参加費
 患者・家族        日本IDDMネットワーク会員 2,000円/ 非会員 3,000円
※参加費は当日お支払いください。
※小学生以下の参加費については無料です。
※市町村民税非課税世帯の方は無料です。お申し込みの際に事務局までメール等でご連絡ください。

■当日ご持参いただきたいもの
・注入セット(クイックセット・シルエット)用のサータ
・エンライトセンサ用のサータ
・飲み物
・筆記具
・(お子様連れの方)補食用のお菓子やお子様の遊ぶものなど

【開催地域・詳細】
■第1回 東京
・日時:2018年2月25日(日)13:00~16:30(12:30開場)
・会場:日本メドトロニック株式会社 東京本社
    東京都港区港南1-2-70 品川シーズンテラス 21階
    https://goo.gl/maps/mTVH6Mr9iuA2
・アドバイザー:広瀬正和先生(D Medical Clinic Osaka 院長)
・定員:30名(先着順)
※お子さまとのご参加大歓迎DAYです。
※お子様の遊べる別のお部屋をご用意しています。お子様と遊ぶボランティアスタッフはいますが、けがなどの責任は負いかねますのでご承知おきください。また、低血糖などの対応も保護者の方でご対応いただきますようお願い申し上げます。

■第2回 東京
・日時:2018年3月11日(日)13:00~16:30(12:30開場)
・会場:日本メドトロニック株式会社 東京本社
    東京都港区港南1-2-70 品川シーズンテラス 21階
    https://goo.gl/maps/mTVH6Mr9iuA2
・アドバイザー:川村智行先生(大阪市立大学大学院医学研究科発達小児医学教室 講師)
・定員:30名(先着順)
※お子様の遊べる別のお部屋をご用意しています。お子様と遊ぶボランティアスタッフはいますが、けがなどの責任は負いかねますのでご承知おきください。また、低血糖などの対応も保護者の方でご対応いただきますようお願い申し上げます。

■第3回 大阪
・日時:2018年3月25日(日)13:00~16:30(12:30開場)
・会場:日本メドトロニック株式会社 大阪支店
    大阪府大阪市福島区福島7-20-1 KM西梅田ビル3F
    https://goo.gl/maps/tTBMNWiArSw
・アドバイザー:堀田優子先生(大阪市立大学大学院 発達小児医学教室 )
・定員:30名(先着順)
※お子様用の別のお部屋はございません。お子様と遊ぶボランティアスタッフは配置予定ですが、けがなどの責任は負いかねますのでご承知おきください。また、低血糖などの対応も保護者の方でご対応いただきますようお願い申し上げます。

■第4回 東京
・日時:2018年3月31日(土) 13:00~16:30(12:30開場)
・会場:日本メドトロニック株式会社 東京本社
    東京都港区港南1-2-70 品川シーズンテラス 21階
    https://goo.gl/maps/mTVH6Mr9iuA2
・アドバイザー:広瀬正和先生(D Medical Clinic Osaka 院長)
・定員:30名(先着順)
※お子様の遊べる別のお部屋をご用意しています。お子様と遊ぶボランティアスタッフはいますが、けがなどの責任は負いかねますのでご承知おきください。また、低血糖などの対応も保護者の方でご対応いただきますようお願い申し上げます。

■第5回 大阪
・日時:2018年4月14日(土) 13:00~16:30(12:30開場)
・会場:日本メドトロニック株式会社 大阪支店
    大阪府大阪市福島区福島7-20-1 KM西梅田ビル3F
    https://goo.gl/maps/tTBMNWiArSw
・アドバイザー:西川直子先生(大阪市立大学大学院 発達小児医学教室 )
・定員:30名(先着順)
※お子様用の別のお部屋はございません。お子様と遊ぶボランティアスタッフは配置予定ですが、けがなどの責任は負いかねますのでご承知おきください。また、低血糖などの対応も保護者の方でご対応いただきますようお願い申し上げます。

詳細は日本IDDMネットワークのHPをご確認ください。

第16回糖尿病市民セミナー・東京 「血糖値を知ろう」

2018-01-24

■日 時
2018年2月4日(日)午後1:00~4:20

■場 所
よみうりホール(有楽町駅前ビックビル7F)
東京都千代田区有楽町1-11-1 読売会館7階地図
JR山手線・京浜東北線有楽町駅(国際フォーラム口)
東京メトロ 有楽町線有楽町駅A4aA5出口

■テーマ
血糖値を知ろう

■内 容
開会のご挨拶 1:00〜1:05
実行委員長:山田 悟(北里研究所病院糖尿病センター長) 

<< 第一部 >>
座長:山田 悟(北里研究所病院糖尿病センター長) 
1. 「ヘモグロビンA1cを超えて」 1:05〜1:40
小出景子(永寿総合病院糖尿病臨床研究センター 療養主任薬剤師)
2. 「十人十色の血糖管理」 1:40〜2:15
小谷紀子(慶應義塾大学医学部腎臓内分泌代謝内科)

休憩 2:15〜2:30

<<第二部>>
座長:山田 悟(北里研究所病院糖尿病センター長)
3. 「糖尿病治療と血糖値の変動-1日血糖の見える化-」 2:30〜3:05
森 豊(東京慈恵会医科大学糖尿病・代謝・内分泌内科教授)
4. 「睡眠改善からスタートする糖尿病治療」 3:05〜3:40
古川慎哉(愛媛大学医学部疫学予防医学講座准教授)

<<第三部>>
総合討論
司会進行:山田 悟(北里研究所病院糖尿病センター長)
演1~講演4の演者4名による討論 3:40〜4:15
閉会のご挨拶 4:15〜4:20
渥美義仁(東京都糖尿病協会 会長)

※入場無料 申込不要 どなたでも参加できます

詳細:東京都糖尿病協会

全国生活習慣病予防月間2018

2018-01-24

【実施概要】
期間:毎年2月の1カ月間
対象者:国民すべて
基本テーマ:“一無二少三多”で生活習慣病予防
強化テーマ:初年度から6年間は、“一無二少三多”から順次
主催:日本生活習慣病予防協会

詳細:全国生活習慣病予防月間2018 WEBサイト

世界糖尿病デー 全国各地でブルーライトアップ

2017-11-01

2017年11月14日は「世界糖尿病デー」です。
糖尿病の予防や治療継続の重要性について広く周知する機会として、
全国各地でブルーライトアップが予定されています。

ライトアップ開催場所にお近くにお住まいの方は
ぜひ見に行ってみてはいかがでしょうか。

■2017ブルーライトアップ&イベント
リンク:http://www.wddj.jp/event/
(世界糖尿病デー公式ホームページより)

2017年 小児糖尿病サマーキャンプ

2017-05-17

毎年全国各地で開催される「小児糖尿病サマーキャンプ」。
公益社団法人 日本糖尿病協会のHPにて、2017年の予定が発表されました。
糖尿病のお子様を抱えるご家族の方はぜひ参加されてみてはいかがでしょうか?

詳細:小児糖尿病サマーキャンプ 開催情報

2017年2月25日【京都府】「第10回 滋賀・京都IDDMカンファレンス」

2017-02-16

イベント名
「第10回 滋賀・京都IDDMカンファレンス」

日時
2017年2月25日(土)
14:00~17:00
(13:30 開場)

場所
メルパルク京都 5階 B会議室
京都府京都市下京区東洞院通七条下ル東塩小路町676番13
JR京都駅(烏丸中央口)から東へ約1分

対象
ヤング糖尿病(1型)の患者さん、ご家族の方、ヤング糖尿病に関心のある方

内容
介護と糖尿病をテーマに、
食事や運動、薬物療法に関して、
医師をはじめ、薬剤師、管理栄養士、健康運動指導士などの
専門家が留意すべき点を語る

参加費
総合司会:神内謙至 先生(愛生会山科病院 糖尿病内科 部長)

■ ドクター講演 (14:00~15:00)
「こころの壁」
岡田博史 先生(松下記念病院 糖尿病・内分泌内科 部長)

■ 患者体験談 (15:00~15:30)
「災害時あなたならどうする?一緒に考えよう!」
ひさ創作所 楠部ひさ子 さん

———- 休憩 ———-

グループディスカッション (15:45~17:00)
  (1)慢性合併症(3大合併症中心)
  (2)妊娠・出産
  (3)先進医療
  (4)CSII
  (5)低血糖
  (6)発症間もない
  (7)血糖コントロール
  (8)フリーテーマ
※会当日、選んでいただいてグループに分かれていただきます。

主催
日本イーライリリー株式会社

後援
滋賀県糖尿病協会

問い合わせ先
一般社団法人愛生会 愛生会山科病院 糖尿病内科
京都市山科区竹鼻四丁野町19番地の4
075-594-2323(代)

« Older Entries
Copyright(c) 2016 糖尿病情報.jp All Rights Reserved. Design by Cloud template