GoogleがAIを活用して糖尿病性網膜症を発見するシステムを構築

2017-09-06

失明の大きな原因の一つである糖尿病性網膜症。グーグルのAI研究部門であるグーグルブレインは、医師達と連携し、AIを活用した糖尿病性網膜症を発見するシステムを構築しました。インドの病院では試験運用が開始されています。今後ますます医療にAI技術が活用されそうですね。

ニュース元:「AIで失明の兆候を発見」グーグルが医師と連携で診断開始

Copyright(c) 2016 糖尿病情報.jp All Rights Reserved. Design by Cloud template